病院での治療と見守る気持ちが大切【うつ病からくるセックスレス】

サイトメニュー

早めに治療する

カウンセリング

一時的な症状

うつ病になる人とセックスとの関係は大変深く、セックスレスが原因でうつ病を発症してしまう人もいます。性欲は他人に話すことの少ない分野なので実際に耳にすることは少ないかもしれませんが、性欲が満たされないということは大きなストレスになります。個人差が大きいのでセックスレスになっても何とも思わない人もいる一方で、精神的に大きなストレスを感じてしまう人もいます。性の話なので誰にも相談をすることができず、長い期間にわたって性欲が満たされず、気付いたらうつ病を発症していたという可能性もあります。言い出しにくい分野なので友人などにも相談できなかったという人が多いのも特徴です。性欲は人間に備わっている生理的な欲求のひとつなので、満たされないことで大きなストレスを感じてしまうのは当然のことです。そのため性欲のことを人に話すのが恥ずかしいという気持ちがあったとしても、できるだけ早く治療を開始することをおすすめします。性欲が満たされないことでうつの症状が出始めると、今度は性欲が減退して性行為を行えないという悩みをもつ人もいます。このように性欲とうつは深い関係にあるので、どちらが先に置きたことなのかわからないという人もいます。すでに性欲が減退してしまっている時には性行為が行えないことが悩みになって症状を悪化させることもあります。症状がひどくなってしまうと治療に時間がかかり、費用もたくさん必要になってきます。性の話をしにくいとはいえ、早めに治療を開始すれば治療の効果が出やすく費用をかけずに完治させられる可能性もあるので、早めに治療を開始することが重要でしょう。うつ病とセックスは深い関係にあるので、どちらの状態も安定していることが望ましいとされています。性欲をもつことは自然なことで、男女関係なく自分の性欲が満たされている時が体にとって最もよい状態だと言えます。しかし、現実には性欲が不満なく満たされることは難しく、パートナーとの気持ちのすれ違いなどでストレスに感じることがあるのが普通でしょう。完全に不満のない状態を目指すのではなく、他のことでストレスを発散させながら性欲をコントロールしていくという方法にしておけば、多少のことではストレスの影響を受けにくくなります。性欲が満たされなくても満足できるような趣味をもったり、体を動かして気分転換をするなど、生活の中で少し工夫をしてみると効果があります。またうつ病になってしまったことでセックスができないようになった時には内服治療をするなどして、症状が軽くなるように努めましょう。多くの人はうつの症状がなくなれば、またセックスができるようになるので、焦ることなくしっかりと治療をすることも大切です。今はうつの症状があってセックスができない状態になっているけれど、治療すれば元に戻るということをパートナーに伝えておけば理解を得られるはずです。一時的な症状だと言うことが自分でもわかっていれば、悲観的になってしまうことも防げるでしょうし、治療に積極的に取り組めます。一度セックスができなくなっても、それが永遠に続くわけではないので、まずは治療に専念し、さらに生活の中でストレスに感じるようなもんを排除していきましょう。そうした生活をしているうちに再び性行為ができるようになるはずです。