病院での治療と見守る気持ちが大切【うつ病からくるセックスレス】

サイトメニュー

症状の原因を探す

悩む女性

症状を伝える重要性

うつ病になると全ての物事についての興味がなくなってしまい、何もする気にならないという症状が起こることがあります。この症状は個人差が大きく、何か特定の物事だけに対してやる気が起きないという人から体を動かすことは全てできないなど様々です。その中のひとつに性欲の減退もあり、セックスをすることができなくなる人もいます。これはうつ病の症状の場合もありますし、内服治療で飲んでいる薬の影響も関係していると言われています。人によっては性欲が減退しないこともありますが、うつの症状が強くなってくるとセックスができなくなる人も多くなってきます。パートナーがいる人の場合にはセックスができないことでパートナーと別れてしまったりすることもあるでしょうし、関係が悪くなってしまうこともあるでしょう。人間関係が悪化することでさらにうつの症状がひどくなってしまう恐れもあるので、なんらかの治療を行って性欲が戻るように努める必要があります。もしも、薬の種類を変えてから性欲が減退している時には薬の影響が大きい可能性があります。そのことを医師に伝えて薬を別のものに変えてもらうなど対策を行いましょう。薬の副作用は人によって出方が違うので、自分に合った薬を選択することが大切です。薬を飲んでいる時にはうつの症状の変化と主に性欲に変化が起こっていないかもチェックしておきましょう。薬には関係なくうつの症状として性欲が減退している時には相手にうつの症状であることを伝えいつかは治ると説明をします。気持ちの問題ではなく病気の症状だということがわかれば、パートナーも納得してくれるでしょう。うつ病になってから性欲が減退してセックスができなくなった時には、少し恥ずかしいかもしれませんが医師にそのことを必ず伝えておきましょう。医師によっては診察の時にたずねてくれることもありますが、こちらから言い出さない限り質問をしない医師もいます。うつの症状は目に見えてわかるものばかりではないので、自分で申告することが基本です。夜に眠れているかや食事をとれているかと同じように性欲のことも伝えておきたい症状のひとつです。睡眠や食欲に比べるとプライベートなことだということで言い出しにくさはありますが、医師はそういった話を聞き慣れているので恥ずかしがる必要はありません。反対に症状を全て把握していないと適切な治療を行うことができないので、医師としては起こっている症状を全て知りたいと考えています。セックスのことはプライベートなこととはいえ、うつ病の症状として重要なものなので、セックスができないという状態になる前でも相談をしておきましょう。以前に比べて性欲が落ちているという状態はうつの症状の可能性があるので、適切な治療を行う必要があります。また性欲の減退といっても症状のあらわれ方には色々なものがあり、性行為自体をすることができないのか、性行為をする気分になれないのかなど細かなところも医師に伝えておきましょう。直接話すのが恥ずかしいという時には、紙などに症状をまとめていき、それを医師に渡すという方法をとれば直接話す必要がなくなります。言えないままにしてしまうと症状が悪化してしまう恐れがあるので、必ず早い段階で医師に伝えるようにしましょう。